Whats the craic with ya?
<< バースデー報告☆ | main | 久々の更新 フォトジャーナル☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author : スポンサードリンク
- | -
地球一周から学んだこと
早いもので、地球一周から2ヶ月が経ちました。

↓↓地球一周報告はコチラ↓↓↓
☆地球一周記録
☆地球一周記録
☆地球一周記録◆

いろんな国を見れたのはもちろん素晴らしい経験!
それと同時に「平和とはまずは身近なことから!」
の大切さも強く感じるようになりました。

それまで以上にアンテナをはって、物事を見るようになったし、
大学院や教科書で「学ぶ」だけではないってことを痛感。

イギリスに戻って、普段の何気ない生活の中で、地球一周で知ったことや興味をもったことに触れる機会も何度かあったので、バースデー&パーティーレポートだらけの中身のないブログ(汗)にスパイス追加デス♪

.侫Д▲肇譟璽鼻エコフレンドリーの話
スーパーやお店で、
「フェアトレードだからこっちにしましょ♪」
というおばちゃんや、
「この服かわいい♪オーガニックコットンからできてる!」
っていう子供連れママ、
「使用しているコーヒーは全てフェアトレード製品です!」
っていうお店のメニュー・・・

そして、自分も買い物の時にはこのマーク↓↓
を参考にバナナやジャムを買っていますw

イギリスでフェアトレード製品についてるマーク

自社ブランド製品より少し値段設定は高めだけれど、やっぱり世界のどこかで「労働に見合う見返りを得れない人たち」がいると思うと、せめてバナナ一本あたりプラス十円払ってもよいと思うのです。

違法移民の話inドバイ
これは空港でイギリス行き飛行機を待ってた時の話。
私の目の前にいた一人の黒人男性(ナイジェリアのパスポート所持)が、チェックインを済ませて搭乗ゲート前の空港職員のチェックで質問攻めにあっていました。

職員:「このパスポートで旅行するのははじめて?」
男性:「ハイ。」
職員:「イギリスに何しに行くの?旅行?就業?」
男性:「イギリスに先に渡った妻に会いに行く・・・」
職員:「結婚してるの?結婚証明は?妻の写真は?」
男性:「もって無い・・・」
職員:「何か証明できるものは?」
         
職員:「横で待っていてください。」
というところまでが私の目の前で起こったこと。
私はさらりと空港職員のチェックを通り、待合ゲートへ。

結局その男性は飛行機には乗っていませんでした。

その時に真っ先に思い出したのは、
違法移民スタディーツアーinマルタでした。
(脳みそとけかけたやつね。笑)
自国での紛争やその後の社会&経済的不安定な生活から逃れるために、希望をもって命を懸けて祖国を捨てた彼らの行き着いた先は、受け入れ態勢の整っていない先進国で違法移民として暮らさざるを得ない現実・・・


ちょっとアンテナを伸ばすだけで見えてくる、
今までと違った世界ってあると思います。
文章が上手く完結してないけど・・・ まぁいいや(汗)
「ながれ解散です。」← for the 59th members:)
59th Global Voyage | 00:58 | author : Mimi-Barbie
comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 00:58 | author : スポンサードリンク
- | -









 
 
CALENDAR
 
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
 
 
RECOMMEND
 
 
RECOMMEND
 
 
RECOMMEND
 
 
RECOMMEND
 
 
RECOMMEND
 
 
NEW ENTRIES
 
 
CATEGORIES
 
 
ARCHIVES
 
 
RECENT COMMENTS
 
 
RECENT TRACKBACK
 
 
LINKS
 
 
PROFILE
 
 
PAGETOP